毛穴が涙型になってる?アラサーになったらはじめるべきたるみ毛穴ケア

鏡を近くでよく見ると毛穴がしずく(涙型)になっているという人がいます。

それもそのはず。

25歳をすぎると誰にでもあり得る症状なんです。

その理由は25歳をすぎたころから肌にハリをもたらすコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少していくから。

これらの成分が体内から減っていくことによって肌にハリがなくなり、たるんでくるようになります。

毛穴のたるみケア方法

この毛穴のたるみを止めることはできませんが、抑えることは可能です。

その方法は以下の4つ。

  1. 美容整形
  2. 今は痛みを伴わない方法もありますし、技術の向上によりリスクも軽減されています。ただ、高額であること、20代~30代前半のたるみの時点ではまだ必要でないこととがあります。

  3. フェイシャルエステ
  4. 体験も低価格ではじめられるところが多いので、効果的な方法のひとつです。
    ただ、通っている間は良かったけど、通うのをやめたらたるみがもとに戻ってしまったという人は多いようです。

  5. 化粧品を使用する
  6. たるみ毛穴にはコラーゲンやエラスチンを直接肌に塗るよりも、それらの生成を促す成分を使った化粧品を使うことをおすすめします。
    最近では、真皮の細胞に働きかける成長因子、グロースファクターという成分が注目を浴びています。
    このグロースファクター配合のものばかりではなく、他に何の美容成分が入っているかにも着目して選ぶようにしましょう。

  7. コラーゲンドリンクやサプリを摂取する
  8. 20代後半から飲み始める人も多いコラーゲンドリンクやサプリですが、量や価格で選ぶのではなくコラーゲンペプチドという体内に吸収されやすいものを選ぶようにしましょう。
    これらは明らかな効果は得られませんが、やめたときに肌の調子が変わって変化に気づくことが多いです。

早いうちに手を打っておこう

たるみはひどくなってからではもう手遅れの場合があります。

早期のケアが大切です。

20代後半からはじめるべきケアのひとつとして毎日のスキンケアに取り入れていきましょう。

化粧ノリが悪くなってきた。その原因と対策方法

20代後半に差し掛かって一番感じた肌の変化は「メイクがノらない」こと。

ファンデーションのノリが悪い原因

まず下地をつけることは鉄則です。下地はファンデーションを肌に塗る際の膜になっているそうです。

下地をつけないとファンデーションが毛穴に入り込みやすくなり、角栓や黒ずみを引き起こします。

他にもメイクの濃さに合ったクレンジングを使っていないために、化粧品が肌に残って詰まっていることもあります。

こうなると肌がザラザラしてきてキメが整わなくなり、ファンデーションを塗ってもノリが悪く肌が汚く見えてしまうのです。

肌のザラザラと除去するには、クレンジングや洗顔の見直し、そして保湿が肝心です。

乾燥肌でなくても実は肌内部はカラカラであるインナードライ肌が増えています。

少し高価ですが、セラミドという成分がおすすめです。

アイメイクのノリが悪い

これは残念ながら目元のたるみによるもの。

アイメイクがよれるという人は要注意です。

対策としては20歳ごろをピークに減少してしまう「コラーゲン」と「エラスチン」の補給。

これらが減ることによって顔のたるみが生じます。

きちんと目元美容液やアイクリームでケアするのも良いですし、コラーゲンドリンクやサプリも良いでしょう。

また、顔の筋肉の衰えも原因です。

舌回しを毎日やってみましょう。

すべては30代、40代になってからはじめては遅いです。

アラサーのうちに対策して予防すること。

これが10年、20年後の肌運命を変えます。

安い化粧品は卒業するべき?ドラッグストアコスメは?

10代や20代前半のころはドラッグストアでコスメを買うことも多かったはず。

でも30手前になるとこんな安いコスメのままでいいのかな?と思っちゃいますよね。

ドラッグストアコスメが安いとは限らない

ドラッグストアにある化粧品はついついチープなものと考えがちですが、そんなことはありません。

あの有名なobagiや雪肌精なんかも結構なお値段します。

反対に安いのにデパートや独立店舗を構えているお店もありますよね。

ファンケルやオルビスなどが有名です。

ドラッグストアという場所にこだわらず、ブランド・メーカーにこだわるべきではないでしょうか。

高いから良いとは限らない

あのデパートコスメで有名なMACですが、化学成分が結構入っていると聞きました。

実際私も巷で人気のロクシタンとか生活の木などのコスメが肌に合わず荒れます。

香料や着色料、保存料が入っていないようなオーガニックコスメ・無添加化粧品でも合わないものは多いです。

ちなみに化粧品の中でお金をかけるべき順は美容液→化粧水→クレンジング→洗顔と聞きます。

美容液はそのブランド・メーカーの最先端の技術・成分が詰まっているからだそうです。

私は化粧水は質より一度に使える量の方が大切だと思っているので化粧水は1,000~2,000円のお手頃価格のものを買います。
ダイソーなど100均の化粧品も一時期ブームでしたが、なんとなく怖くて使えません。

なぜ100円で売れるの?と考えたらなんとなく分かりますよね。

洗顔やクレンジングは安いものを使って美容液にお金をかけるというのもひとつの選択肢としてありかもしれませんね。