化粧ノリが悪くなってきた。その原因と対策方法

20代後半に差し掛かって一番感じた肌の変化は「メイクがノらない」こと。

ファンデーションのノリが悪い原因

まず下地をつけることは鉄則です。下地はファンデーションを肌に塗る際の膜になっているそうです。

下地をつけないとファンデーションが毛穴に入り込みやすくなり、角栓や黒ずみを引き起こします。

他にもメイクの濃さに合ったクレンジングを使っていないために、化粧品が肌に残って詰まっていることもあります。

こうなると肌がザラザラしてきてキメが整わなくなり、ファンデーションを塗ってもノリが悪く肌が汚く見えてしまうのです。

肌のザラザラと除去するには、クレンジングや洗顔の見直し、そして保湿が肝心です。

乾燥肌でなくても実は肌内部はカラカラであるインナードライ肌が増えています。

少し高価ですが、セラミドという成分がおすすめです。

アイメイクのノリが悪い

これは残念ながら目元のたるみによるもの。

アイメイクがよれるという人は要注意です。

対策としては20歳ごろをピークに減少してしまう「コラーゲン」と「エラスチン」の補給。

これらが減ることによって顔のたるみが生じます。

きちんと目元美容液やアイクリームでケアするのも良いですし、コラーゲンドリンクやサプリも良いでしょう。

また、顔の筋肉の衰えも原因です。

舌回しを毎日やってみましょう。

すべては30代、40代になってからはじめては遅いです。

アラサーのうちに対策して予防すること。

これが10年、20年後の肌運命を変えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です