肌がキレイになるのは生理前?生理後?

生理前になるとニキビができる、肌が荒れるという方は多いですね。
これはすべてホルモンバランスによるもの。女性にとってこのホルモンは肌だけでなく身体にも大きな変化をもたらします。

肌トラブルを引き起こすのは「黄体ホルモン」

黄体ホルモンとは、女性ホルモンのひとつでプロゲステロンと呼ばれることもあります。
これは生理前になると分泌されるホルモンで、皮脂の分泌を増やすといわれています。そうなるとニキビや毛穴、シミを引き起こす原因にもなります。
また、他にもイライラや情緒不安定などといった精神的な面にも影響を及ぼします。
この時期の肌はとても敏感であるのが特徴です。ピーリングや美白系のスキンケアを行うと余計に肌が荒れてしまう原因になりますので、極力控えましょう。
ニキビができてしまうという人は、皮脂が増えることが原因になっていますので、クレンジングできちんとメイクを落とし、洗顔で皮脂を落とすことが大切です。また、皮脂量をコントロールするビタミンC誘導体の入った化粧品を使うことも有効です。
また、睡眠不足やストレスを受けるとホルモンのバランスが崩れてしまうので、きちんとした生活習慣を心がけるようにしましょう。

卵胞ホルモンが肌をキレイにする

反対に生理が終わった途端、肌の調子が良いという方も多いですよね。これは生理が終わると卵胞ホルモン、エストロゲンが分泌され、コラーゲンの生成を促します。
このエストロゲンは、30代後半になってくると急激に減少し、閉経の頃にはもっと減ってしまいます。
そこでおすすめなのが、大豆イソフラボン。大豆イソフラボンには、エストロゲンと似た作用があるため、最近人気の豆乳を飲むのもおすすめですね。
このエストロゲンが分泌される時期は肌の調子が安定する時期でもあるので、スキンケアのチャンスでもあります。
スキンケアに力を入れるのであれば、生理の後がベストと言えるでしょう。また、エステに行くのもこの時期が一番良いでしょう。

こういった女性ホルモンは乱れてしまうと不妊の原因にもなります。
女性ホルモンが乱れると肌荒れの原因にもなります。
特に産後の女性はホルモンが乱れやすく、放っておくと不妊の原因にもなります。

常に規則正しい生活とストレスを貯めないよう気をつけましょう。

30代のニキビ対策

30代でもニキビに悩む人は多いですが、場所は主に顎や口周りにできることが多いです。10代のニキビは皮脂の過剰分泌によっておきるものがほとんどなのに対して30代のニキビは皮脂の代謝が低下することによって起きます。
加齢によって脂質を分解する能力も低下するため、皮脂が毛穴に溜まりやすくなりニキビができます。
また、毛穴が詰まってニキビの原因になることも。
これは10代の時とは違ったケアが必要になってきます。

30代のニキビの原因

乾燥

乾燥でニキビ?と思うかもしれませんが、肌が乾燥するともっと皮脂が必要なのでは?と肌が判断し、皮脂を過剰分泌させます。それが毛穴に詰まりニキビの元になります。

ストレス

大人ニキビの原因の多くがこれと言われています。
ストレスを感じると男性ホルモンの一種「アンドロゲン」が分泌され、皮脂量が増えてニキビを誘発します。

甘いものの食べ過ぎ

チョコレートはもちろん、辛いものやカフェインも皮脂の分泌を促します。やはり美肌作りには野菜や果物、ミネラルなどバランス良く摂取することが基本になります。
ニキビ予防になる食品・・・・食物繊維、うなぎ、納豆、果物、緑黄色野菜など。

睡眠不足

睡眠はお肌にとってとても大切な時間です。就寝時間の理想は22時ですが、難しいようであれば最低でも12時には布団に入るようにしましょう。

大人ニキビにはサプリも有効

思春期ニキビと違って大人のニキビはサプリメントの摂取も有効です。
おすすめはビタミンB2とビタミンB6。
どちらも脂質の代謝を促して免疫力を高め、肌荒れを予防する働きのある栄養素です。これにより皮脂量を抑えることが可能です。

サプリは効果ができるのに時間がかかるので、継続して飲み続けることが大切です。

また、ニキビはメイクが落とし切れていないことや合わないクレンジングを使っていることでもできてしまいます。

顎やフェイスライン以外にもニキビができてしまう方はこういった可能性も考え、一度自分のスキンケアや基礎化粧品を見直してみることが大切です。

シワ対策って何歳からしたらいいの?

結論から言うとしわ対策は今すぐからでもしましょう。
もちろん10代なら必要ありませんが、25歳を過ぎたら何歳からでも早いということはありません。

シワには3つの種類あります。
ひとつは小じわやちりめんジワ。これは角質層の表面にできるもので細かくて小さい浅いしわがたくさんできます。
これは、乾燥が原因ですので保湿ケアをしっかりすることで消すことができます。
シワのはじまりは大体この乾燥が原因のものが多く、これを放置してどんどん深くなるともう手遅れになります。
20代後半から目立ってくる方もいますので、油分や保湿成分が入ったアイクリーム、目元美容液をいつものスキンケアにプラスしましょう。

2つ目は表情ジワです。
30代になるとどんどん増え、笑った時にできるシワなどが元に戻らなくなるものです。これは長年できてきたしわが深く刻まれていくというイメージで考えてください。
これはもう化粧品で改善することは難しいので、美容整形外科のヒアルロン酸注入などを頼ってみるのも一つの手かもしれません。

3つ目は加齢によるたるみによってできるシワです。
これは肌内部のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少して起きるものですので一度たるみきってしまうと改善するのは難しいので化粧品よりも美容整形外科に頼った方が確実です。
美容整形に抵抗がある方はビタミンCやレチノール入りの美容液を使うことがもっともよいでしょう。
また、これは若い時に浴びた紫外線が原因の要素が強いので、10代、20代のうちにきちんとUVケアをしておくことが大切です。

他にも…目の下のゴルゴラインと呼ばれるシワや口角から顎に向けてできるマリオネットライン(口が開く人形のようなラインからこう呼ばれるようになった)といったものがあります。これは顔の形や皮膚のタイプによってできやすい人とそうでない人がいます。
こういったシワができると一気に老け顔に見えてしまうので注意が必要です。

いずれもシワは早いうちからの予防が大切です。
40代、50代になってしわしわの顔にならないためには20代、30代の今のうちからきちんとスキンケアをしておく必要があります。