30代のニキビ対策

30代でもニキビに悩む人は多いですが、場所は主に顎や口周りにできることが多いです。10代のニキビは皮脂の過剰分泌によっておきるものがほとんどなのに対して30代のニキビは皮脂の代謝が低下することによって起きます。
加齢によって脂質を分解する能力も低下するため、皮脂が毛穴に溜まりやすくなりニキビができます。
また、毛穴が詰まってニキビの原因になることも。
これは10代の時とは違ったケアが必要になってきます。

30代のニキビの原因

乾燥

乾燥でニキビ?と思うかもしれませんが、肌が乾燥するともっと皮脂が必要なのでは?と肌が判断し、皮脂を過剰分泌させます。それが毛穴に詰まりニキビの元になります。

ストレス

大人ニキビの原因の多くがこれと言われています。
ストレスを感じると男性ホルモンの一種「アンドロゲン」が分泌され、皮脂量が増えてニキビを誘発します。

甘いものの食べ過ぎ

チョコレートはもちろん、辛いものやカフェインも皮脂の分泌を促します。やはり美肌作りには野菜や果物、ミネラルなどバランス良く摂取することが基本になります。
ニキビ予防になる食品・・・・食物繊維、うなぎ、納豆、果物、緑黄色野菜など。

睡眠不足

睡眠はお肌にとってとても大切な時間です。就寝時間の理想は22時ですが、難しいようであれば最低でも12時には布団に入るようにしましょう。

大人ニキビにはサプリも有効

思春期ニキビと違って大人のニキビはサプリメントの摂取も有効です。
おすすめはビタミンB2とビタミンB6。
どちらも脂質の代謝を促して免疫力を高め、肌荒れを予防する働きのある栄養素です。これにより皮脂量を抑えることが可能です。

サプリは効果ができるのに時間がかかるので、継続して飲み続けることが大切です。

また、ニキビはメイクが落とし切れていないことや合わないクレンジングを使っていることでもできてしまいます。

顎やフェイスライン以外にもニキビができてしまう方はこういった可能性も考え、一度自分のスキンケアや基礎化粧品を見直してみることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です