肌がキレイになるのは生理前?生理後?

生理前になるとニキビができる、肌が荒れるという方は多いですね。
これはすべてホルモンバランスによるもの。女性にとってこのホルモンは肌だけでなく身体にも大きな変化をもたらします。

肌トラブルを引き起こすのは「黄体ホルモン」

黄体ホルモンとは、女性ホルモンのひとつでプロゲステロンと呼ばれることもあります。
これは生理前になると分泌されるホルモンで、皮脂の分泌を増やすといわれています。そうなるとニキビや毛穴、シミを引き起こす原因にもなります。
また、他にもイライラや情緒不安定などといった精神的な面にも影響を及ぼします。
この時期の肌はとても敏感であるのが特徴です。ピーリングや美白系のスキンケアを行うと余計に肌が荒れてしまう原因になりますので、極力控えましょう。
ニキビができてしまうという人は、皮脂が増えることが原因になっていますので、クレンジングできちんとメイクを落とし、洗顔で皮脂を落とすことが大切です。また、皮脂量をコントロールするビタミンC誘導体の入った化粧品を使うことも有効です。
また、睡眠不足やストレスを受けるとホルモンのバランスが崩れてしまうので、きちんとした生活習慣を心がけるようにしましょう。

卵胞ホルモンが肌をキレイにする

反対に生理が終わった途端、肌の調子が良いという方も多いですよね。これは生理が終わると卵胞ホルモン、エストロゲンが分泌され、コラーゲンの生成を促します。
このエストロゲンは、30代後半になってくると急激に減少し、閉経の頃にはもっと減ってしまいます。
そこでおすすめなのが、大豆イソフラボン。大豆イソフラボンには、エストロゲンと似た作用があるため、最近人気の豆乳を飲むのもおすすめですね。
このエストロゲンが分泌される時期は肌の調子が安定する時期でもあるので、スキンケアのチャンスでもあります。
スキンケアに力を入れるのであれば、生理の後がベストと言えるでしょう。また、エステに行くのもこの時期が一番良いでしょう。

こういった女性ホルモンは乱れてしまうと不妊の原因にもなります。
女性ホルモンが乱れると肌荒れの原因にもなります。
特に産後の女性はホルモンが乱れやすく、放っておくと不妊の原因にもなります。

常に規則正しい生活とストレスを貯めないよう気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です