シワ対策って何歳からしたらいいの?

結論から言うとしわ対策は今すぐからでもしましょう。
もちろん10代なら必要ありませんが、25歳を過ぎたら何歳からでも早いということはありません。

シワには3つの種類あります。
ひとつは小じわやちりめんジワ。これは角質層の表面にできるもので細かくて小さい浅いしわがたくさんできます。
これは、乾燥が原因ですので保湿ケアをしっかりすることで消すことができます。
シワのはじまりは大体この乾燥が原因のものが多く、これを放置してどんどん深くなるともう手遅れになります。
20代後半から目立ってくる方もいますので、油分や保湿成分が入ったアイクリーム、目元美容液をいつものスキンケアにプラスしましょう。

2つ目は表情ジワです。
30代になるとどんどん増え、笑った時にできるシワなどが元に戻らなくなるものです。これは長年できてきたしわが深く刻まれていくというイメージで考えてください。
これはもう化粧品で改善することは難しいので、美容整形外科のヒアルロン酸注入などを頼ってみるのも一つの手かもしれません。

3つ目は加齢によるたるみによってできるシワです。
これは肌内部のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少して起きるものですので一度たるみきってしまうと改善するのは難しいので化粧品よりも美容整形外科に頼った方が確実です。
美容整形に抵抗がある方はビタミンCやレチノール入りの美容液を使うことがもっともよいでしょう。
また、これは若い時に浴びた紫外線が原因の要素が強いので、10代、20代のうちにきちんとUVケアをしておくことが大切です。

他にも…目の下のゴルゴラインと呼ばれるシワや口角から顎に向けてできるマリオネットライン(口が開く人形のようなラインからこう呼ばれるようになった)といったものがあります。これは顔の形や皮膚のタイプによってできやすい人とそうでない人がいます。
こういったシワができると一気に老け顔に見えてしまうので注意が必要です。

いずれもシワは早いうちからの予防が大切です。
40代、50代になってしわしわの顔にならないためには20代、30代の今のうちからきちんとスキンケアをしておく必要があります。

毛穴が涙型になってる?アラサーになったらはじめるべきたるみ毛穴ケア

鏡を近くでよく見ると毛穴がしずく(涙型)になっているという人がいます。

それもそのはず。

25歳をすぎると誰にでもあり得る症状なんです。

その理由は25歳をすぎたころから肌にハリをもたらすコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少していくから。

これらの成分が体内から減っていくことによって肌にハリがなくなり、たるんでくるようになります。

毛穴のたるみケア方法

この毛穴のたるみを止めることはできませんが、抑えることは可能です。

その方法は以下の4つ。

  1. 美容整形
  2. 今は痛みを伴わない方法もありますし、技術の向上によりリスクも軽減されています。ただ、高額であること、20代~30代前半のたるみの時点ではまだ必要でないこととがあります。

  3. フェイシャルエステ
  4. 体験も低価格ではじめられるところが多いので、効果的な方法のひとつです。
    ただ、通っている間は良かったけど、通うのをやめたらたるみがもとに戻ってしまったという人は多いようです。

  5. 化粧品を使用する
  6. たるみ毛穴にはコラーゲンやエラスチンを直接肌に塗るよりも、それらの生成を促す成分を使った化粧品を使うことをおすすめします。
    最近では、真皮の細胞に働きかける成長因子、グロースファクターという成分が注目を浴びています。
    このグロースファクター配合のものばかりではなく、他に何の美容成分が入っているかにも着目して選ぶようにしましょう。

  7. コラーゲンドリンクやサプリを摂取する
  8. 20代後半から飲み始める人も多いコラーゲンドリンクやサプリですが、量や価格で選ぶのではなくコラーゲンペプチドという体内に吸収されやすいものを選ぶようにしましょう。
    これらは明らかな効果は得られませんが、やめたときに肌の調子が変わって変化に気づくことが多いです。

早いうちに手を打っておこう

たるみはひどくなってからではもう手遅れの場合があります。

早期のケアが大切です。

20代後半からはじめるべきケアのひとつとして毎日のスキンケアに取り入れていきましょう。