肌がキレイになるのは生理前?生理後?

生理前になるとニキビができる、肌が荒れるという方は多いですね。
これはすべてホルモンバランスによるもの。女性にとってこのホルモンは肌だけでなく身体にも大きな変化をもたらします。

肌トラブルを引き起こすのは「黄体ホルモン」

黄体ホルモンとは、女性ホルモンのひとつでプロゲステロンと呼ばれることもあります。
これは生理前になると分泌されるホルモンで、皮脂の分泌を増やすといわれています。そうなるとニキビや毛穴、シミを引き起こす原因にもなります。
また、他にもイライラや情緒不安定などといった精神的な面にも影響を及ぼします。
この時期の肌はとても敏感であるのが特徴です。ピーリングや美白系のスキンケアを行うと余計に肌が荒れてしまう原因になりますので、極力控えましょう。
ニキビができてしまうという人は、皮脂が増えることが原因になっていますので、クレンジングできちんとメイクを落とし、洗顔で皮脂を落とすことが大切です。また、皮脂量をコントロールするビタミンC誘導体の入った化粧品を使うことも有効です。
また、睡眠不足やストレスを受けるとホルモンのバランスが崩れてしまうので、きちんとした生活習慣を心がけるようにしましょう。

卵胞ホルモンが肌をキレイにする

反対に生理が終わった途端、肌の調子が良いという方も多いですよね。これは生理が終わると卵胞ホルモン、エストロゲンが分泌され、コラーゲンの生成を促します。
このエストロゲンは、30代後半になってくると急激に減少し、閉経の頃にはもっと減ってしまいます。
そこでおすすめなのが、大豆イソフラボン。大豆イソフラボンには、エストロゲンと似た作用があるため、最近人気の豆乳を飲むのもおすすめですね。
このエストロゲンが分泌される時期は肌の調子が安定する時期でもあるので、スキンケアのチャンスでもあります。
スキンケアに力を入れるのであれば、生理の後がベストと言えるでしょう。また、エステに行くのもこの時期が一番良いでしょう。

こういった女性ホルモンは乱れてしまうと不妊の原因にもなります。
女性ホルモンが乱れると肌荒れの原因にもなります。
特に産後の女性はホルモンが乱れやすく、放っておくと不妊の原因にもなります。

常に規則正しい生活とストレスを貯めないよう気をつけましょう。

30代のニキビ対策

30代でもニキビに悩む人は多いですが、場所は主に顎や口周りにできることが多いです。10代のニキビは皮脂の過剰分泌によっておきるものがほとんどなのに対して30代のニキビは皮脂の代謝が低下することによって起きます。
加齢によって脂質を分解する能力も低下するため、皮脂が毛穴に溜まりやすくなりニキビができます。
また、毛穴が詰まってニキビの原因になることも。
これは10代の時とは違ったケアが必要になってきます。

30代のニキビの原因

乾燥

乾燥でニキビ?と思うかもしれませんが、肌が乾燥するともっと皮脂が必要なのでは?と肌が判断し、皮脂を過剰分泌させます。それが毛穴に詰まりニキビの元になります。

ストレス

大人ニキビの原因の多くがこれと言われています。
ストレスを感じると男性ホルモンの一種「アンドロゲン」が分泌され、皮脂量が増えてニキビを誘発します。

甘いものの食べ過ぎ

チョコレートはもちろん、辛いものやカフェインも皮脂の分泌を促します。やはり美肌作りには野菜や果物、ミネラルなどバランス良く摂取することが基本になります。
ニキビ予防になる食品・・・・食物繊維、うなぎ、納豆、果物、緑黄色野菜など。

睡眠不足

睡眠はお肌にとってとても大切な時間です。就寝時間の理想は22時ですが、難しいようであれば最低でも12時には布団に入るようにしましょう。

大人ニキビにはサプリも有効

思春期ニキビと違って大人のニキビはサプリメントの摂取も有効です。
おすすめはビタミンB2とビタミンB6。
どちらも脂質の代謝を促して免疫力を高め、肌荒れを予防する働きのある栄養素です。これにより皮脂量を抑えることが可能です。

サプリは効果ができるのに時間がかかるので、継続して飲み続けることが大切です。

また、ニキビはメイクが落とし切れていないことや合わないクレンジングを使っていることでもできてしまいます。

顎やフェイスライン以外にもニキビができてしまう方はこういった可能性も考え、一度自分のスキンケアや基礎化粧品を見直してみることが大切です。

30歳を過ぎてからの乾燥はどう対策したらいいのか

私の場合は28歳くらいからいきなり乾燥が気になるようになり、もう10月ごろには鼻の頭が痒くなります。

ではこの乾燥はどうしたらよいのでしょうか?

一番のおすすめはセラミド

保湿というとコラーゲンやヒアルロン酸をイメージする方が多いですが、実はそれよりも保湿効果が高いと言われているのが「セラミド」です。

セラミドはもともと人間の皮膚にあり、肌のバリア機能を担っていて外部刺激から肌を守ります。これが不足すると紫外線や埃、乾燥などの刺激に弱くなり乾燥がひどくなって敏感肌となってしまいます。
実際アトピー性皮膚炎の人はこのセラミドが肌から不足していることが分かっています。
乾燥によって痒みが出る方は特に補給するべき成分です。

どんなセラミド化粧品がいい?

セラミドには天然セラミド、疑似セラミド、合成セラミドがありますが一番良いのは天然セラミドです。
またその中でもヒト型セラミドは人の持っているセラミドと同じ形をしているため、一番高い効果を得られます。

ヒト型セラミドの見分け方

パッケージにセラミド配合と書いてあってもそれが天然セラミド、ヒト型セラミドかどうか分かりません。
そこで、パッケージの裏の全成分をみてください。「セラミド1」と数字が書いてあるものがヒト型セラミドの証拠です。
セラミドには1、2、3型がありそれぞれ違った役割をしています。

できればすべての型が入っているのが理想ですが、特に保湿成分に優れた2型がおすすめです。

パッケージに記載がない場合はあまり安価なものを選ばないようにしましょう。セラミドは高価な成分なので、安価なものは合成、疑似セラミドの可能性があります。

また、20代後半になるとセラミド単体よりもコラーゲンやエラスチンなどと同時に摂取、使用していくのがより効率が良く効果的です。
参考:セラミド配合のコラーゲンドリンク・サプリメント

まとめ

乾燥はシワ、たるみの原因になります。この20代後半から30代のスキンケアをサボっていると40代、50代になってから後悔することになりますのできちんとケアしておきましょう。

コラーゲンって何歳から飲み始めるべき?

肌にハリや弾力をもたらすと人気のコラーゲン。

飲んでいる女性も少なくないですよね。

しかし何歳になったら飲み始めるべきなのでしょうか?

飲み続けなけらば効果は発揮しない

まず、コラーゲンサプリは飲み続けることに意味があります。

コラーゲンサプリやドリンクは経口摂取すると、体内でアミノ酸に分解されます。

そのアミノ酸をもう一度コラーゲンに生成するわけですが、そのアミノ酸はもちろん永久的に体内にあるわけではありません。

つまり続けなければ意味がないのです。

コラーゲンを効率良く吸収するためには、以下の成分を一緒に摂取することをおすすめします。

1.ビタミンC

ビタミンCは体内でのコラーゲンの生成をサポートします。

食べ物でも良いですし、サプリでも良いと思います。
コラーゲンを効率率良く吸収するには欠かせない成分です。

2.アミノ酸

上記でコラーゲンはアミノ酸に分解されると書きましたが、体内で生成する際のコラーゲンの素はアミノ酸です。

アミノ酸が多ければ多いほどコラーゲンの材料が増えるのです。

できるだけ多くの量のアミノ酸を一緒に摂るようにしましょう。

まとめ

コラーゲンを飲み始めるには30歳くらいからがおすすめです。

年齢による肌の老化予防というよりは、実際にたるみやしわが気になり始めてから飲まなければ意味がないからです。

今はコラーゲンでもドリンク、サプリ、ゼリーなどさまざまな種類が売られていますので、自分のライフスタイルに合ったものを選んでみましょう。

化粧ノリが悪くなってきた。その原因と対策方法

20代後半に差し掛かって一番感じた肌の変化は「メイクがノらない」こと。

ファンデーションのノリが悪い原因

まず下地をつけることは鉄則です。下地はファンデーションを肌に塗る際の膜になっているそうです。

下地をつけないとファンデーションが毛穴に入り込みやすくなり、角栓や黒ずみを引き起こします。

他にもメイクの濃さに合ったクレンジングを使っていないために、化粧品が肌に残って詰まっていることもあります。

こうなると肌がザラザラしてきてキメが整わなくなり、ファンデーションを塗ってもノリが悪く肌が汚く見えてしまうのです。

肌のザラザラと除去するには、クレンジングや洗顔の見直し、そして保湿が肝心です。

乾燥肌でなくても実は肌内部はカラカラであるインナードライ肌が増えています。

少し高価ですが、セラミドという成分がおすすめです。

アイメイクのノリが悪い

これは残念ながら目元のたるみによるもの。

アイメイクがよれるという人は要注意です。

対策としては20歳ごろをピークに減少してしまう「コラーゲン」と「エラスチン」の補給。

これらが減ることによって顔のたるみが生じます。

きちんと目元美容液やアイクリームでケアするのも良いですし、コラーゲンドリンクやサプリも良いでしょう。

また、顔の筋肉の衰えも原因です。

舌回しを毎日やってみましょう。

すべては30代、40代になってからはじめては遅いです。

アラサーのうちに対策して予防すること。

これが10年、20年後の肌運命を変えます。

安い化粧品は卒業するべき?ドラッグストアコスメは?

10代や20代前半のころはドラッグストアでコスメを買うことも多かったはず。

でも30手前になるとこんな安いコスメのままでいいのかな?と思っちゃいますよね。

ドラッグストアコスメが安いとは限らない

ドラッグストアにある化粧品はついついチープなものと考えがちですが、そんなことはありません。

あの有名なobagiや雪肌精なんかも結構なお値段します。

反対に安いのにデパートや独立店舗を構えているお店もありますよね。

ファンケルやオルビスなどが有名です。

ドラッグストアという場所にこだわらず、ブランド・メーカーにこだわるべきではないでしょうか。

高いから良いとは限らない

あのデパートコスメで有名なMACですが、化学成分が結構入っていると聞きました。

実際私も巷で人気のロクシタンとか生活の木などのコスメが肌に合わず荒れます。

香料や着色料、保存料が入っていないようなオーガニックコスメ・無添加化粧品でも合わないものは多いです。

ちなみに化粧品の中でお金をかけるべき順は美容液→化粧水→クレンジング→洗顔と聞きます。

美容液はそのブランド・メーカーの最先端の技術・成分が詰まっているからだそうです。

私は化粧水は質より一度に使える量の方が大切だと思っているので化粧水は1,000~2,000円のお手頃価格のものを買います。
ダイソーなど100均の化粧品も一時期ブームでしたが、なんとなく怖くて使えません。

なぜ100円で売れるの?と考えたらなんとなく分かりますよね。

洗顔やクレンジングは安いものを使って美容液にお金をかけるというのもひとつの選択肢としてありかもしれませんね。